電子版6つのNEW
 印刷 2019年07月12日デイリー版3面

港湾起債計画/今年度792億円。閣議決定

 政府は9日の閣議で、交通政策審議会の港湾分科会が2日に審議、了承していた今年度の「特定港湾施設整備事業基本計画」を閣議決定した。公共事業による岸壁整備などとセットで行われる上屋、荷役機械、埠頭用地の整備、港湾関連用地・工業用地の造成を港湾管理者が起債事業で実施する総数を定めたもので、同計画に基づき国土交通相が資金融通のあっせんを行う。

 今年度計画は総額792億円。分野別では上屋整備が全国23港・52棟で66億円、荷役機械が全国22港・41基で122億円、埠頭用地整備が全国61港で311億円などとなっている。