シップオーナーズ・フォーラム2019
 印刷 2019年07月12日デイリー版2面

三井E&S造船/自動離着桟実証実験、東京海洋大「汐路丸」で

 三井E&S造船は11日、東京海洋大学の練習船「汐路丸」(425総トン)を使用した自動離着桟の実証試験を昨年12月から今年2月にかけて実施したと発表した。海上に設置された仮想桟橋に対して計54回の自動着桟を行い、自律運航船の実現に向けた技術開発に必要な各種データを収集した。実証試験は、国土交通省による自動運航船実証事業の一つとして進められている「船舶の自動離着桟の安全性に係る実証事業プロジェ… 続きはログインしてください。

残り:303文字/全文:498文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む