シップオーナーズ・フォーラム2019
 印刷 2019年07月11日デイリー版3面

苫小牧港国際CT/RTG増設、6基体制に。バックアップ体制強化

 北海道・苫小牧港国際コンテナターミナル(CT)で9日、増設されたコンテナヤード内荷役機械トランスファークレーン(RTG)が稼働した。9年ぶりのRTG増設で、同CTのRTGは6基体制となり、取り扱い能力の向上や他機が故障した際のバックアップ体制強化などが図られた。苫小牧港では、西港区入船地区でCTが供用開始された1997年に、北日本で初となるRTGが導入された。その後、CTは2008年に現在… 続きはログインしてください。

残り:625文字/全文:818文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む