電子版6つのNEW
 印刷 2019年07月10日デイリー版1面

社告】日本海事新聞社/パートナー参加。ShipDC主催、船社向けセミナー。9月11日、都内でセミナー

 日本海事新聞社(大山高明社長)は、9月11日にシップデータセンター(池田靖弘社長)が海運ビル(東京都千代田区)で開催する「安全運航に向けたデータ活用とサイバーセキュリティを考えるセミナー」にメディアパートナーとして参加します。今回のセミナーでは、海運業界で急速に進展するデジタル化をテーマに、各業界の有識者が講演。海運業界で急務となっているデータの集積、活用方法のほか、海上の安全対策やサイバーセキュリティーなどについても言及します。

 当セミナーに向け日本海事新聞紙面では7月3日から毎週水曜日、シップデータセンターとのコラボレーション企画「MariTech×ShipDC」(全11回)を好評連載中。セミナーで講師を務める有識者へのインタビューを中心にデジタライゼーションをテーマに掲載しております。

 セミナーの詳細は、事務局までお問い合わせください。参加申し込みは弊社ウェブサイト(https://www.jmd.co.jp/)からお願い致します。

◆オープニング

商船三井専務執行役員・川越美一氏

◆基調講演

日本海事新聞社・山本裕史▽世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター・須賀千鶴氏

◆講演

シップデータセンター・池田靖弘氏▽日本海事協会・松本俊之氏▽三井E&Sマシナリー・田中五輝氏▽三菱重工マリンマシナリ・松尾一馬氏▽IHI原動機・藤井幹氏▽日本船主責任相互保険組合・日野岳彦氏▽日本海事協会・斉藤直樹氏

◆クロージング

日本海事協会副会長・坂下広朗氏

◇日 時 9月11日(水)午後1時-午後5時半(午後0時半受け付け開始)

◇会 場 海運クラブ2階ホール(東京都千代田区平河町2-6-4海運ビル)

◇定 員 150人(先着順、船社100人/その他50人、ただし定員にはIoS-OPコンソーシアム会員無料参加枠は含まない)

◇参加費

・船社(船社・船舶管理会社・用船者)は、各社上限10人まで無料(上限人数を超えた場合は、下記の参加費を適用)

・その他は、7月31日までの申し込みは1人につき3万円、8月1日以降については1人につき3万5000円(共に税抜き)

・日本海事新聞購読者、IoS-OPコンソーシアム会員の無料枠を超えて参加する場合は、特別価格2万円(税抜き)

◇主 催 株式会社シップデータセンター

◇メディアパートナー 株式会社日本海事新聞社

◇問い合わせ

■シップデータセンター IoS-OPコンソーシアム事務局

メール:consortium@shipdatacenter.com Tel:03・5226・2261

■日本海事新聞社 セミナー事務局

メール:seminar@jmd.co.jp Tel:03・3436・3222