印刷 2019年07月02日デイリー版4面

記者の視点】梶原幸絵:FW業界再編へ/船社も総合物流に舵

 フォワーディング(FW)業界で規模拡大を追求する動きが改めて鮮明になっている。日本通運の2018年度の海上貨物取扱量は約65万TEU、航空貨物は88万トン。2月に発表した「2037年ビジョン」の取り扱い目標として、海上貨物200万TEU、航空貨物200万トンを打ち出した。近鉄エクスプレスは18年度の海上貨物70万TEU、航空貨物60万トンから、5月発表の「長期ビジョン」で海上貨物100万T… 続きはログインしてください。

残り:1155文字/全文:1350文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む