新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年07月01日デイリー版2面

国内船主の今】(172):BBC取引、円高で苦境へ/見込み発注膨らむ造船

 ■「昨年並み」に懐疑的 6月19日、東京都内。日本造船工業会の斎藤保会長(IHI会長)は会見で、2019年の新造船受注量について「昨年並みの1000万総トンは確保できるのではないか」との予想を述べた。造船関係者が話す。「受注量だけ見れば昨年並みかもしれない。しかし、中身をよく見てほしい。新造船の発注残のうち、本当に行き先が確定している船舶がどの程度あるのか」(中手造船所幹部)… 続きはログインしてください。

残り:1252文字/全文:1438文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む