印刷 2019年06月28日デイリー版4面

記者の視点】五味宜範:デジタル化の表と裏/利便と不安「何が起きるのか」

 日本の海事業界では、運航船のデータを大量に集め、データ提供者に不利益にならないよう、そのデータを第三者が活用してソフトウエア(アプリケーション)開発などにつなげるIoS(インターネット・オブ・シップス)-OP(オープンプラットフォーム)の取り組みがスタートした。船社、造船所、舶用機器メーカー、船級協会、保険、通信など主要プレーヤーが参加しており、日本の海事クラスターの強みが生きそうだ。世界… 続きはログインしてください。

残り:857文字/全文:1048文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む