印刷 2019年06月24日デイリー版4面

記者の視点】有村智成:G20大阪サミット大規模規制/民間の経済活動に大きな負荷

 28、29両日に大阪南港の咲洲地区で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)がいよいよ間近に迫ってきた。昨年末の業界向け説明会の初開催以来、港湾・物流面への影響が取り沙汰されてきたが、会期が近づくにつれ大規模な警備体制となることが鮮明となった。今回のサミットが、これから国内の主要港湾周辺で大規模イベントが開かれる際に、一つのベンチマークとなるのは間違いない。サミット開催に際し、… 続きはログインしてください。

残り:1003文字/全文:1198文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む