新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年06月24日デイリー版1面

カタールの新造LNG船調達/韓国造船3社に120隻打診。1社40隻で提出。納期23-26年。日本勢は一部見送り

 中東カタールが進める新造LNG(液化天然ガス)船商談で先週前半までに韓国造船大手が1社当たり40隻の建造見積もりを提出した模様だ。2023-26年にかけて年10隻ペースの建造を想定。現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋の3社合わせると120隻規模に達し、カタールはまず船台を確保した上で、今秋をめどに必要隻数分の建造を確定するとみられる。一方、日本造船所は「規模の面で対応が難しい」(造船大手関… 続きはログインしてください。

残り:1582文字/全文:1779文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む