2019 事業者要覧 スーパーバナー
 印刷 2019年06月13日デイリー版2面

VLCC市況/中東―極東軟化1万ドル。1カーゴにオファー10社超

 VLCC(大型原油タンカー)市況が軟化している。足元の中東-極東航路は日建て約1万600ドルで前週比18%減と落ち込んだ。依然として船腹供給量が多く、1件のカーゴ(貨物)に対し、10社以上の船主のオファーが集まるなど用船者優位の状況が続く。11日付のマーケットリポートによると、中東-極東航路の市況水準はWS(ワールドスケール)35・5、用船料換算では約1万600ドル。ただ、具体的な成約値は… マリナビで続きを読む

残り:367文字/全文:558文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。