2019 日本コンテナ航路一覧
 印刷 2019年06月12日デイリー版2面

北米東航/5月1%増の144万TEU。コンテナ輸送量、中国4カ月連続減

 米調査サービス会社デカルト・データマインが11日発表したアジア10カ国・地域発米国向け(北米東航)の5月のコンテナ輸送量は、前年同月比1・4%増の144万TEUだった。最大仕出し地の中国が4カ月連続のマイナスながら、台湾、ベトナム、シンガポール発などが増勢で、全体として3カ月連続のプラスを記録。1-5月累計は前年同期比0・9%増の660万TEUだった。5月の北米東航輸送量を国・地域別に見る… 続きはログインしてください。

残り:680文字/全文:875文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む