2019 事業者要覧 スーパーバナー
 印刷 2019年06月12日デイリー版3面

大阪港夢洲CT/サミット時も通常荷役。通船運航で通勤経路確保

 【関西】大阪港の主要コンテナターミナルとなる夢洲コンテナターミナル(DICT)は11日、28、29両日に大阪南港の咲洲地区で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)期間中も通常通りターミナルを営業すると公表した。DICT運営会社はサミットでの交通規制に備え、通船を手配し従業員の通勤手段を確保する。DICTは大阪港のC10-12各岸壁が横一線上に連なり、岸壁延長は1350メートル… マリナビで続きを読む

残り:493文字/全文:686文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。