2019 事業者要覧 スーパーバナー
 印刷 2019年06月11日デイリー版1面

米中貿易摩擦/シェール第2波に逆風。新興LNG計画遅延も

 中国政府が1日から米国産LNG(液化天然ガス)への追加関税を25%に引き上げたことで、米国の新興LNGプロジェクトの最終投資決定(FID)遅延の懸念が生じている。リオ・グランデ(テキサス州)やマグノリア(ルイジアナ州)など通称「セカンドウェーブ」(第2波)と呼ばれるベンチャー主導の計画に先行き不透明感が発生。中国が米国産の調達を減らし、中東や豪州産を増やした場合、海上輸送にトンマイル縮小のマイナ… マリナビで続きを読む

残り:495文字/全文:685文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。