2019 事業者要覧 スーパーバナー
 印刷 2019年06月10日デイリー版2面

川崎汽船/自動カイト搭載決定。推進補助・環境負荷低減

 川崎汽船は7日、欧州航空機大手エアバスから分社したエアシーズが開発した自動カイト(たこ)システム「シーウイング(Seawing)」を、同社保有の大型バルクキャリアー1隻へ搭載することを決定したと発表した。同システムは、風力などを利用して本船の推進力を補助するとともに、CO2(二酸化炭素)の20%以上の削減という環境負荷低減にも貢献する。「シーウイング」は、船舶輸送と推進力補助に飛躍的な進化… マリナビで続きを読む

残り:509文字/全文:700文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。