バリシップ2019 スーパー
2019 事業者要覧 スーパーバナー

4月26日(金)に日本郵船本社で開かれた社長交代会見の模様を動画でご覧いただけます。

 印刷 2019年05月16日デイリー版3面

阪急阪神ホールディングス/3月期:国際輸送減益。反動減響く

 ◇阪急阪神ホールディングス 国際輸送事業は売上高が前の期比8%増の899億円、営業利益が14%減の23億円。日本発の航空輸送が堅調に推移して増収に寄与。ただ、前の期に好調だった東アジアと欧州の反動減が響いて減益となった。全社業績は売上高が4%増の7914億円、営業利益が9%増の1149億円、経常利益が7%増の1105億円。鉄道資産の譲渡に伴う特別損失計上により、純利益は1%減の654億円。… マリナビで続きを読む

残り:166文字/全文:330文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。