船員支援キャンペーン
 印刷 2019年05月16日デイリー版1面

九州電・西部ガス・中国電・郵船/LNG燃料供給で実験。九州初、ノウハウ蓄積

 九州電力、西部ガス、中国電力、日本郵船は15日、北九州港でLNG(液化天然ガス)バンカリング(燃料供給)の実証実験を実施した。環境負荷の低いLNGは、次世代の船舶用燃料として期待されているが、燃料供給体制の整備が課題の一つとなっている。実証実験を通じてLNGバンカリングに関するノウハウを蓄積し、LNG燃料の需要の高まりに応える。実証実験は北九州市小倉北区の浅野地区岸壁で、日本郵船グループの… 続きはログインしてください。

残り:1074文字/全文:1267文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む