印刷 2019年05月16日デイリー版1面

郵船クルーズ/「飛鳥III」建造を具体化。既存船は星港センブコープで改装

 日本郵船グループの郵船クルーズ(坂本深社長)は、保有・運航する客船「飛鳥II」に続く新造船「飛鳥III」の検討を本格化する。今月1日付で「新造船検討プロジェクトチーム」を発足、今後2年をめどに検討結果をまとめ、取締役会で判断する。一方、「飛鳥II」(50、142総トン)は来年1月からシンガポールの修繕・海洋大手センブコープ・マリンでリニューアル工事を実施し、2030年ごろまで運航する計画。日本籍… 続きはログインしてください。

残り:1182文字/全文:1378文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む