船員支援キャンペーン
 印刷 2019年05月16日デイリー版2面

東海汽船/1―3月期:経常損失2.9億円。船舶燃料費増加で

 東海汽船が14日公表した2019年1-3月期連結業績は、経常損失が2億8600万円だった。船舶燃料費の増加もあり、赤字幅が前年同期の2億3500万円から拡大した。売上高は貨物輸送量が減少したことで前年同期比2%減の24億円、営業損失が2億9800万円(前年同期は2億5000万円)、純損失が1億8700万円(同1億5900万円)。主力の海運関連事業の旅客部門は全航路の利用客は好調に推移。同社… 続きはログインしてください。

残り:244文字/全文:437文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む