船員支援キャンペーン
 印刷 2019年05月16日デイリー版2面

船舶輸組4月まとめ/受注41%増の75万総トン。全船バルカーで14隻

 日本船舶輸出組合が15日発表した4月の輸出船契約(受注)実績は、75万総トンで前年同月比41%増だった。受注隻数は2隻増の14隻で、全船がバルカーとなった。船価は上昇基調にあるものの、緩やかなペースとなっており、受注環境は厳しい状況が続く。4月の契約船14隻の船種別内訳は、一般貨物船1隻▽ハンディサイズバルカー2隻▽ハンディマックスバルカー3隻▽パナマックスバルカー2隻▽ケープサイズバルカ… 続きはログインしてください。

残り:335文字/全文:530文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む