船員支援キャンペーン
 印刷 2019年05月16日デイリー版2面

北米航路/米中対立、リスク要因に。船社の中国依存度高く

 荷動きが好調だったアジア-北米航路にとって、米中貿易戦争の激化が今後の大きなリスク要因となっている。主要コンテナ船社のアジア発米国向け(北米東航)コンテナ貨物に占める中国積みの割合にはばらつきがあり、最も比率が高いのはCOSCOとCMA-CGM(APL分含む)の73%。逆にオーシャンネットワークエクスプレス(ONE)と現代商船はいずれも50%台にとどまっている。今後、米中摩擦の激化が予想される中… 続きはログインしてください。

残り:648文字/全文:842文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む