バリシップ2019 スーパー
2019 事業者要覧 スーパーバナー

4月26日(金)に日本郵船本社で開かれた社長交代会見の模様を動画でご覧いただけます。

 印刷 2019年05月16日デイリー版3面

JR貨物/災害で7年ぶり純損失。前期、運賃改定は一定の効果

 JR貨物の2019年3月期連結業績は、売上高が前の期比2%減の1916億円、営業利益が53%減の58億円、経常利益が57%減の45億円で、減収減益となった。18年7月豪雨など自然災害の影響が大きく響いた。純損益は前の期の利益76億円に対して、損失2億円を計上。最終損益で7年ぶりの赤字となった。一方、昨年10月にJR貨物として初の運賃改定を実施。想定に沿った水準で運賃引き上げ効果があったという。… マリナビで続きを読む

残り:767文字/全文:966文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。