電子版6つのNEW
 印刷 2019年05月15日デイリー版2面

サノヤスHD/3月期:円安などで営業黒字転換。間接部門スリム化も寄与

 サノヤスホールディングス(HD)が14日発表した2019年3月期連結決算は、営業損益が前の期の31億円の赤字から、12億円の黒字に転換した。主力の船舶事業では、鋼材価格の高騰などがあったものの、間接部門のスリム化を推進。さらに、円安の進行で今後製造する米ドル建て受注済み新造船の円換算売上見込み額が増加し各船の採算が改善したことなどを反映した。

 売上高は2%増の481億円。経常損益は13億円の黒字(前の期31億円の赤字)、純損益が13億円の黒字(同42億円の赤字)。

 修繕船などを含めた造船事業の受注高は、3倍の298億円となった。期間中の新造船受注は新型8万2000重量トン(82型)バルカー6隻。3月末の同部門受注残高(新造船は工事進行基準)は1年前と比べ5%増の408億円となった。新造船の受注残隻数は引き渡しベースで16隻となった。

 20年3月期の通期連結業績予想は、売上高480億円(前期比0・3%減)、営業損益が4億円の赤字(前期12億円の黒字)、経常損益は4億円の赤字(同13億円の黒字)、純損益も4億円の赤字(同13億円の黒字)を見込む。配当は年5円配(期末5円)を継続する。未確定外貨に関する為替レートの前提は1ドル=108円。