電子版6つのNEW
 印刷 2019年05月15日デイリー版3面

大運/3月期:経常益32%減。原価率上昇で

 ◇大運 経常利益は前の期比32%減の1億1900万円。コスト増に対して価格転嫁が遅れ、原価率上昇が響いた。売上高は7%増の73億円。営業利益は72%減の1000万円。投資有価証券評価損1億100万円など計上し、純損益は損失2000万円と赤字転落した(前の期は利益1億4800万円)。

 セグメント別では、港湾運送事業は8%増収、営業利益が12%減の3億9100万円。自動車運送事業は15%減収、営業損失は前の期から1600万円改善の損失3500万円。その他は10%減収、営業利益は9%減の500万円。

 2020年3月期通期業績予想は、売上高が6%増の78億円、営業利益が4・6倍の5000万円、経常利益が25%増の1億5000万円、純利益が6000万円。