個人在宅支援プラン
 印刷 2019年05月15日デイリー版3面

四日市港/埠頭再編の将来像共有。130人参加、市内でフォーラム

 【中部】四日市商工会議所と四日市港利用促進協議会は11日、三重県四日市市内で四日市港の将来を考えるフォーラム「四日市港の機能強化とみなとまちづくりに向けて」を開催した。港湾関係者ら130人が出席し、昨年、官民一体となり検討された港の将来像を共有。荷主や船社、物流事業者など関係者からの意見表明も行われた。主催者を代表して種橋潤治・四日市商工会議所会頭は、昨年の外貿コンテナ取扱個数が20万TE… 続きはログインしてください。

残り:896文字/全文:1093文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む