個人在宅支援プラン
 印刷 2019年05月15日デイリー版3面

主要港運6社/前期、全社が増収。主要港の荷動き堅調反映

 主要港運6社(山九、上組、日新、宇徳、名港海運、伊勢湾海運)の2019年3月期連結決算は、緩やかに継続する景気回復基調に支えられ国内主要港の取り扱いが堅調に推移していることなどを背景に全社増収となった。営業利益、経常利益、純利益の利益3項目は人手不足に伴う委託費増などのブレーキ要因があったが、物量増が作業効率向上に結び付き5社が増益に。ただ、今期予想は国内外の景況が不透明感を増すことを織り込み、… 続きはログインしてください。

残り:553文字/全文:751文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む