電子版6つのNEW
 印刷 2019年05月14日デイリー版2面

IMO2020 SOx規制】ベルシップス/適合油価格ヘッジ。C重油と値差198ドル。20年調達予定の2.4万トン分

 ノルウェーのドライ船社ベルシップスは10日、IMO(国際海事機関)のSOX(硫黄酸化物)規制に対応した硫黄分0・5%燃料油の価格リスクをヘッジしたと発表した。2020年に調達予定の規制適合油2万4000トンについて、C重油(硫黄分3・5%)との値差をトン当たり198ドルで確定させた。

 規制適合油2万4000トンは、ベルシップスが運航するスープラマックス4隻分の年間消費量に相当する。

 同社は規制適合油の価格ヘッジについて、SOX規制に伴う収益悪化リスクの低減策として「コストの掛かるスクラバー以外の効率的な選択肢となる」と意義を強調。スクラバー搭載工事による船隊稼働率の低下を回避し、「マーケット動向次第でポジション調整可能な柔軟性を保持できる」としている。

 ベルシップスは自社保有、定期用船、裸用船を合わせてスープラマックス18隻を運航。新造発注残は今治造船で来年前半竣工のスープラマックス1隻を確保している。