個人在宅支援プラン
 印刷 2019年05月13日デイリー版2面

栗林商船/19年3月期:経常益19億円。天災影響も下期回復

 栗林商船が10日発表した2019年3月期連結業績は、経常利益が前の期比4%減の19億円だった。主力の海運事業では第2四半期までは燃料油上昇や台風、北海道胆振(いぶり)東部地震の影響で収益が落ち込んだが、10月以降、原油価格が下落に転じ燃料費が減少。気候も安定し輸送量が堅調に推移したことで収益が回復した。売上高は4%増の475億円。営業利益は9%減の17億円。純利益は7%増の16億円だった。… 続きはログインしてください。

残り:424文字/全文:619文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む