印刷 2019年05月12日別版特集2面

海上保安庁特集】インタビュー:岩並秀一・海上保安庁長官/領海警備と海洋権益の保全へ。業務基盤の充実図る

 日本周辺海域を取り巻く状況が厳しくなる一方で、昨年は多くの自然災害が発生し、救助任務などに従事した海上保安庁の重要性は増している。こうした中、岩並秀一長官に2019年度の抱負や今後の課題などについて聞いた。(4月25日収録) ■期待の大きさを実感 --就任初年度である昨年度を振り返るとともに、19年度の抱負をうかがいたい。「昨年度は、海上保安制度創設70周年、灯台150周年の節目の… 続きはログインしてください。

残り:3575文字/全文:3766文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む