電子版6つのNEW
 印刷 2019年05月10日デイリー版6面

海のある風景】「新湊漁港にそそぐ内川の風」景

「海のある風景」新湊漁港にそそぐ内川の風景
「海のある風景」新湊漁港にそそぐ内川の風景

 伏木富山港新湊地区から新湊漁港にそそぐ内川の風景。内川の両岸が岸壁になっていて漁船が多数係船している。干満の差があまりないため水面が高く、水路上の空には青空以外の余分なものはなく開放的で非常に居心地が良い。この一帯は江戸時代、放生津という湊町だったとか。訪問時はあまりにも静かだった。しかし、新湊大橋やみなとまちの風景・祭りなどにも力を入れているようだ。内川クルーズもあるという。活気あふれる時に訪れたい。ところで、新湊は、魚・職業などに関係する変わった名字が多いとか。

 八千代エンジニヤリング統括技師長・吉田秀樹