2019 日本コンテナ航路一覧
 印刷 2019年05月10日デイリー版1面

海運大手/自動車輸送5-8%削減へ。今期、採算重視し選別

 海運大手は、今期の自動車船事業の輸送台数を前期比5-8%削減する方針だ。採算性を重視し、不採算貨物の取り込みを手控えることが主因。輸送ニーズの多様化や資源国向けの荷動き不振などで、自動車船事業を取り巻く環境は厳しさを増している。今後も安定的なサービスを提供し続けるために、貨物や航路の選別を継続する。2020年3月期の各社の自動車船の輸送台数予想は、日本郵船は前期比8%減の312万台、商船三… 続きはログインしてください。

残り:612文字/全文:809文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む