個人在宅支援プラン
 印刷 2019年04月22日デイリー版2面

強制水先検討会/川崎港、緩和見送り。海難発生時の影響大きく

 国土交通省が設置した「横浜川崎区の強制水先に関する検討会」(座長=落合誠一・東京大学名誉教授)は19日、川崎港の強制水先対象船(現行3000総トン以上)について、「規制緩和は行わないことが適当である」との結論を示した。港の状況から海難発生時の二次災害の影響が大きいことや、関係者のヒアリングで安全性を優先するべきとの意見があった。横浜港では2015年、強制水先の対象船を従来の総トン数3000… 続きはログインしてください。

残り:397文字/全文:590文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む