電子版6つのNEW
 印刷 2019年04月15日デイリー版2面

現代商船/北欧州直航便開始。5月19日から

 現代商船は5月から、日本発北欧州向け直航コンテナサービス、EU5を開始する。サービス開始は5月19日横浜出港の本船から。マースクラインとMSCによるコンテナ船アライアンス「2M」が運航するサービス、AE1/ショーグンのスロット利用により提供する。

 EU5のスケジュールは、横浜(日)▽寧波(水・金)▽上海(土・日)▽厦門(火・水)▽タンジュンペラパス(日・火)▽スエズ運河(日・月)▽フェリクストウ(火・金)▽ロッテルダム(土・日)▽ブレーメルハーヘン(火・水)。横浜からの所要日数はフェリクストウ37日、ロッテルダム41日、ブレーメルハーヘン44日。

 横浜のCYオープン(コンテナヤードへの搬入開始日)は月曜、CYカット(搬入締め切り日)は木曜。普通品の東京オフドック受けも可能(CYオープンは前週土曜、カットは水曜)。