2019大型連休臨時ゲートオープン
2019 事業者要覧 スーパーバナー
 印刷 2019年04月11日デイリー版2面

内航総連まとめ/18年度上期総輸送量2%減。貨物・油送船ともマイナス

 日本内航海運組合総連合会(内航総連)の調べによると、2018年度上期(18年4-9月)の内航総輸送量は合計1億9204万トンと、17年度上期に比べ2%減少した。貨物船は鋼材や雑貨、セメントなどが増加したが、西日本豪雨や台風など荒天や北海道での地震が影響し、2・2%減の1億2593万トン。油送船はケミカル輸送は伸びたものの、石油需要自体の低迷が響き、1・7%減の6611万キロリットルとなった。… マリナビで続きを読む

残り:877文字/全文:1071文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。