2019大型連休臨時ゲートオープン
2019 事業者要覧 スーパーバナー
 印刷 2019年04月09日デイリー版1面

北米航路運賃交渉/BAF容認広がる。中堅荷主、先送り「不利」

 大手日系荷主とコンテナ船社による北米航路での運賃交渉が終盤戦に差し掛かる中、中堅荷主やフォワーダーもいよいよ佳境を迎えている。大手と同様、中堅荷主でも焦点はフローティングBAF(燃油調整金)導入だが、中堅でも当初は導入先送りとなる2段階方式を志向する傾向が強かったようだ。しかし、「2段階方式だと、次の交渉時期が夏場の繁忙期となる。それだと(市況好調で)値上げにつながるのでは」との見方が強まってい… マリナビで続きを読む

残り:468文字/全文:664文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。