2019大型連休臨時ゲートオープン
2019 事業者要覧 スーパーバナー
 印刷 2019年04月09日デイリー版1面

ケミカル船市況/爆発事故の影響注視。米ヒューストン、滞船で強弱感

 ケミカル船オペレーター(運航会社)が、米ヒューストンで発生した石油化学製品を貯蔵するタンクの爆発事故の影響を注視している。ケミカル船市況にとって、「プラス材料にもマイナス材料にもなり得る」(海運関係者)ためだ。3月中旬に石油化学産業が集積するテキサス州ヒューストンで、ケミカルタンクの大規模な爆発事故が発生。工業用運河のヒューストンシップチャンネルに化学物質が漏出し、航行制限が課せられた。… マリナビで続きを読む

残り:356文字/全文:548文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。