日本海事新聞社は2019年4月1日(月)から、業務拡張のため下記に本社事務所を移転します。
また、同日から名古屋市内に中部支局を開設します。これを機に、紙面の一層の充実、品質向上に努めてまいりますので、引き続きご愛読くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 日本海事新聞社
■新本社オフィス 住所:〒105-0004東京都港区新橋5-15-5 交通ビル TEL:03-3436-3221 FAX:03-3436-6553(共に変更なし)
■中部支局 住所:〒450-0002愛知県名古屋市中村区名駅5-31-10 リンクス名駅ビル TEL:052-766-5976 FAX:052-308-3361 支局長:神農(じんのう)達也

人材特集2020
 印刷 2019年03月14日デイリー版2面

国交省海事局/内航海運の事業の在り方、検討の場を設置へ

 国土交通省海事局は先週開いた交通政策審議会海事分科会で、内航海運での事業の在り方を提起した。海事局は「内航海運暫定措置事業が従来の見通しより前倒しで終了する可能性があり、これまでにない事業環境変化が目前に迫りつつある。新しい環境の中でも安定的かつ質の高いサービスを提供するため、内航海運の事業の在り方はこれまで通りでよいか」と論点を説明。委員からは「内航海運の事業そのものの在り方を議論する場が必要… マリナビで続きを読む

残り:823文字/全文:1023文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。