日本海事新聞社は2019年4月1日(月)から、業務拡張のため下記に本社事務所を移転します。
また、同日から名古屋市内に中部支局を開設します。これを機に、紙面の一層の充実、品質向上に努めてまいりますので、引き続きご愛読くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 日本海事新聞社
■新本社オフィス 住所:〒105-0004東京都港区新橋5-15-5 交通ビル TEL:03-3436-3221 FAX:03-3436-6553(共に変更なし)
■中部支局 住所:〒450-0002愛知県名古屋市中村区名駅5-31-10 リンクス名駅ビル TEL:052-766-5976 FAX:052-308-3361 支局長:神農(じんのう)達也

人材特集2020
 印刷 2019年02月25日デイリー版2面

国内船主の今】(155):新興オペ、用船料不安/中型コンテナ船の返船増加

 「自社船ゼロ、元手ゼロの新興オペレーター(運航船社)に船を引く(定期用船する)能力があるのか」 ■海運ビルに集結 2月20日、38型スモールハンディのスポット用船料が7000ドルを割り込むと、商社関係者の顔に不安の表情が浮かんだ。デンマークを拠点とする新興オペレーター。2015-16年にかけ日本船主の新造船を対象に定期用船契約を結んだ。そうした新造船が来月から竣工してくる。… マリナビで続きを読む

残り:1281文字/全文:1466文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。