印刷 2019年02月07日デイリー版1面

丸一海運/危険物自動立体倉庫を新設。保管能力倍増。川崎拠点、4月稼働

 丸一海運(本社・大阪市、樋口幸雄社長)は4月、川崎港近隣の「東京化学品センター」(川崎市)に危険物の自動立体倉庫(建屋面積約600平方メートル)を新設する。新… マリナビで続きを読む

残り:1059文字/全文:1133文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。