印刷 2019年01月09日デイリー版2面

年頭所感】栗林宏吉・船舶整備共有船主協会会長/代替建造促進に公的支援が必要

 ■栗林宏吉・船舶整備共有船主協会会長 今後とも内航海運は産業基礎物資の安定輸送やモーダルシフトを担う基幹的輸送インフラとして、産業構造の変化に対応し、その機能… マリナビで続きを読む

残り:567文字/全文:647文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。