印刷 2018年12月25日デイリー版2面

Close Upこの人】川崎汽船次期社長・明珍幸一氏/大本命として難局に挑む。仏像修理の家系から海運の世界へ

 これまでも、社内外で衆目一致する「ポスト村上」として知られてきた。どちらかといえば物静かなタイプだが、「気がつくと皆をしっかり主導していた」という社内評通り、… マリナビで続きを読む

残り:766文字/全文:846文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。