印刷 2018年11月21日デイリー版3面

TIACT/新上屋1万平方メートル超整備。20年の羽田増枠に向け。保管棚で蔵置効率向上

 東京国際エアカーゴターミナル(TIACT)は、増加する貨物への対応を強化する。2020年の羽田空港の発着枠増加に合わせ、新上屋(延べ床面積1万880平方メート… マリナビで続きを読む

残り:1159文字/全文:1236文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。