印刷 2018年11月09日デイリー版1面

苫小牧港長期構想/鉄道・RORO直結。次世代ターミナル形成へ。青函トンネルの貨物減カバー

 苫小牧港管理組合は、今後20-30年後の苫小牧港の将来像を示す「苫小牧港長期構想」に、鉄道貨物輸送とRORO航路を結節させる次世代型ユニットロードターミナル構… マリナビで続きを読む

残り:906文字/全文:986文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。