新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2018年08月21日デイリー版1面

阪九フェリー/神戸航路、20年新造2隻。スクラバー搭載、国内旅客船初

 阪九フェリー(本社・北九州市、小笠原朗社長)は2020年春ごろ、新門司(北九州市)-神戸航路に1万6300総トン型新造船2隻を投入することを決めた。三菱造船(三菱重工業下関造船所)で建造する。新造船2隻は瀬戸内海に就航するフェリーで最大級の船型となり、同航路の現在の投入船よりもトラックの輸送能力を2割高める。20年からのSOX(硫黄酸化物)規制強化への対応では、国内旅客船として初めてスクラバー(… 続きはログインしてください。

残り:975文字/全文:1166文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む