印刷 2018年08月10日デイリー版2面

瀬戸内海事クラスター】(3):四国ドック/「相手志向」で今後も生き残る

 四国ドックは、JR高松駅の前に広がる高松港の一角に本社工場を構える。船台のある第1工場の敷地は約4万6000平方メートルで、東京ドームとほぼ同じ広さ。大型の外… マリナビで続きを読む

残り:1781文字/全文:1861文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。