印刷 2018年08月08日デイリー版4面

記者の視点】幡野武彦:中国―欧州間の国際鉄道/基幹輸送モードになり得るのか

 以前、本欄でも取り上げたが、中国の広域経済圏構想「一帯一路」のシンボル的なプロジェクトである中欧班列(中国-欧州間の国際定期貨物列車)の動きが活発のようだ。航… マリナビで続きを読む

残り:1054文字/全文:1132文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。