印刷 2018年07月12日デイリー版2面

井本商運/内航コンテナ船「ながら」就航。積載能力国内最大670TEU

 井本商運(本社・神戸市、井本隆之社長)の670TEU型内航コンテナ船(7、300総トン)の命名・引き渡し式が11日、旭洋造船(山口県下関市、越智勝彦社長)で行われた。新船は、内航コンテナ船として最大の積載能力を誇る。井本社長は岐阜、愛知、三重県の各県を流れる1級河川長良川から名前を取り、「ながら」と命名した。同船は京浜-阪神-北部九州航路に投入される。… マリナビで続きを読む

残り:1261文字/全文:1433文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。