印刷 2018年07月12日デイリー版3面

FW5社/輸出重量21%増。東アジアで半導体関連好調

 航空貨物フォワーダー(FW)主要5社の6月の日本発輸出航空混載重量は、前年同月比21%増の6万8100トンだった。自動車、機械関連の旺盛な荷動きで欧州、米州が拡大。東アジアでの半導体関連貨物がアジアの物量を押し上げた。… マリナビで続きを読む

残り:746文字/全文:854文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。