印刷 2018年07月12日デイリー版1面

日本郵船/完成車扱い能力15%増強。ゼーブルージュ港、グリーンターミナル推進

 日本郵船のベルギー子会社インターナショナル・カー・オペレーターズ(ICO)が、ゼーブルージュ港の完成車ターミナルの取り扱い能力を15%増強する。2019年7月までに敷地面積を拡張し、取り扱い能力を年290万台に増やす。顧客ニーズの高まりに応えるほか、風力発電を導入するなど先進的な環境技術も取り込み、ゼーブルージュ港をモデルに「グリーンターミナル」のグローバル展開を推進する。… マリナビで続きを読む

残り:1161文字/全文:1348文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。