印刷 2018年07月11日デイリー版4面

記者の視点】高橋郁夫:港運業界と港湾中長期政策/技術・整備と労使問題、多様な議論を

 世の中のさまざまな産業分野は業界ごとに根拠法となる「業法」が存在し、省庁・局・課ごとに所管分野が分類・編成されている。中でも国土交通省には当然ながら運輸業、物流業に関する業法が多数存在し、それぞれの業法の規制に沿って業が営まれている。… マリナビで続きを読む

残り:1114文字/全文:1232文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。