印刷 2018年07月11日デイリー版4面

語録採録】今治造船社長・檜垣幸人さん/「次のシステム」を

 「昭和37(1962)年から、船会社(船主)を子会社として持っている。船の売り切りだけでなく、顧客と一緒に船を保有し用船することで、ある程度収益を回収できる。船主との共同歩調などにより、これまで生き… マリナビで続きを読む

残り:121文字/全文:217文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。